消滅時効
HOME取扱い業務事務所について対処法お問合せ
今すぐお問合せ
自己診断で危険度 チェック
HOME >> 消滅時効

消滅時効

消滅時効

時効制度は期間の経過を原因として権利の得喪を認める制度で、取得時効(民法162条)と消滅時効(民法166条)があます。
消滅時効とは、一定期間の権利の不行使を原因として、権利消滅の効果を認めるものです。
時効は、当事者の意思表示によって時効の効果が生じるものであり、援用があるまでは時効の効果は生じません。
(不確定効果・停止条件説)

例えば、債務者が時効を知らない等のために時効を積極的に主張(時効の援用)
しない場合、あるいは債務者がすすんで支払義務のあることを認めた(時効利益の放棄)場合には、時効の効果は生じません。

時効の援用

時効の援用は、時効により生ずる時効の効果を確定させる意思表示で、相手方のある単独行為です。

[停止条件説(判例・通説)]
時効の援用は単なる裁判上の攻撃防禦方法ではなく、意思表示であり、その援用の場所については、裁判外でもよいと解されています。

大谷法律事務所 直通ダイヤル 03-3230-4335